あるみにメモ

技術的なメモをかくかもしれない

スマホでモーションキャプチャーってマ?「RADiCAL Motion」に突撃した話

スマホモーションキャプチャーってマ?

昨日だったか、Twitterで回ってきた内容なんですけど↓

……マ?

だとしたらすごいじゃんやるっきゃないやろ!ということで早速インストール。

f:id:aluminum_pepe:20180515005757j:plain

おおー、なんかモーションキャプチャしてくれそうだわ()

なんかアカウントを作らされて、チュートリアルの動画をみたら、撮影可能になった。

f:id:aluminum_pepe:20180515172004j:plain

動画の兄貴シュールすぎんよー

撮影してアップロードする

友達をそそのかして撮影、すると撮影された動画をどうやらどこかにアップロードするとのこと。

それもそのはずこのアプリ、「動画ファイルの人間の動き」を「クラウドサービスを使って3Dモーションを作成する」というもの。

まあつまりはこのアプリで撮影する必要性は全くなくて、もともとある動画ファイルなんかも同様にアップロードすることで3Dモーションをつくってくれるのだ。

2Dの映像→3Dのアニメーションのデータ という変換サービスみたいなことかな?

ちなみにアップロードすると、

f:id:aluminum_pepe:20180515010146j:plain

アップロードしましたよ!なんてメールが来て、

f:id:aluminum_pepe:20180515010323j:plain

できたよ!なんてメールが来る。

さっそくみてみよう。

f:id:aluminum_pepe:20180515163435p:plain

プレビュー画面はこんな感じ。キャプチャに使った動画と、そこから作ったモーションの動きが並べて表示されている。

友人のプライバシーを守るため、キャプチャした動きの部分のみ載せる。

おお~、

若干のブレとかガタガタしてたりするけど結構できてる。

説明を読む限り、固定したカメラで撮影しろということだが、手に持って撮影していたり、

友人が恥ずかしがって少しひかえめな動きになったとか、

背景が良くない/服装が分かりにくい

とかとかがありそう、何度でも取り直せるので、品質も良くできそうだ。

モーションをダウンロードしよう

作成したモーション、FBXでダウンロードできるということで、

「これは勝ったな、最高。」

……なんて思っていたときが僕にもありました。

f:id:aluminum_pepe:20180515010348p:plain

まだダウンロード出来るようになってないんかーーーーい!!!!!!

しかも商用サービスになってからかーーーーーーーい

まあ、広告も全く入ってない割に無料なんてムシが良すぎるということか。

モーションキャプチャしたアニメーションをUnityなんかで使ってみたかったんだけど、

まあやるにしてもまだ先になりそう。続報を待て!!!!!

アップロードした映像は誰でも見られちゃうの?

最後に確認したのは、映像のプライバシー的なところはどうなん?と。

多分その心配はなさそうだった。

f:id:aluminum_pepe:20180515010408p:plain

ページのプライベート設定の様子。

アップロードした映像は、基本的にプライベートな状態になっていて、任意で公開するかしないかを決められるらしい。

……とかなんとか言っちゃって、他人のページにアクセスしてやるぜ~

と適当にURLをいじって実行。

f:id:aluminum_pepe:20180515010452p:plain

ちゃんと守られているっぽいです。ごめんなさい。

ということは映像あげても大丈夫そうってことかな、だれでも見れるとかだったら特定されない場所でマスクとかつけてやらないとだからなあ だれもお前なんて特定しようとしねえよ

まとめ

というわけで勇んで突撃した「RADiCAL Motion」でしたが、まだ開発途中、ということで、今後に期待して待つとしよう!!!!!!

f:id:aluminum_pepe:20180515010508p:plain